タカサゴキララマダニ

高砂綺羅々真壁蝨
クモガタ綱 ダニ目 マダニ亜目 マダニ科

Amblyomma testudinarium

扁平で円形に近い大きなダニ。背板は淡褐色。メスの背板は後端が狭くなった三角形で、それ以外の胴体部は茶褐色。オスは、背部の全面が背板におおわれている。胴体部後縁には、溝が等間隔で並ぶ花彩がある。
温暖地の雑木林などに生息する。シカ、イノシシなどの大きな動物に取りついて吸血し、人間に取りつくこともある。幼虫や若虫は、小型の哺乳類や鳥類、爬虫類に寄生する。
タカサゴキララマダニ
♀ : 京都府木津川市 2014.5.19
タカサゴキララマダニ
♀ : 京都府木津川市 2014.5.19
ズボンに取りつき生地に口吻を刺しこんでいたメス。
タカサゴキララマダニ
♀ : 奈良県生駒市 2015.7.13
タカサゴキララマダニ
♀ : 奈良県生駒市 2015.7.13
ピンセットでつまんで引っ張っても簡単には離れない。
タカサゴキララマダニ
♀ : 奈良県生駒市 2015.7.13
タカサゴキララマダニ
♀ : 奈良県生駒市 2015.7.13
他の日にズボンについていた別個体。山歩きを終えたあと、駅のベンチに腰掛けていた時に見つけた。生息地では、ズボンの裾絞りをするなど、予防を怠らないようにしたい。
タカサゴキララマダニ
♀ : 大阪府東大阪市 2015.5.15