ヒロヘリアオイラガ

チョウ目 イラガ科

Parasa lepida

前翅は緑色で、翅の外縁に太い褐色の帯がある。後翅は淡黄色〜淡褐色。
もともとは中国南部、インド、ジャワ島などに分布する南方系の種類だが、1960年代以降に帰化して日本中に分布を広げている。
ヒロヘリアオイラガ
大阪府大阪市西区新町 2004.6.1
ヒロヘリアオイラガの幼虫。サクラ、カシ、モミジなどの葉を食べ、しばしば街路樹や庭木で大発生する。
毒毛をもつので接触しないよう注意が必要。
ヒロヘリアオイラガの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市東生駒 2002.9.29
終令幼虫。体の一部分にだけ朱色の棘がある。
ヒロヘリアオイラガの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市東生駒 2002.9.29
幼虫 : 奈良県奈良市 2014.10.14
幼虫 : 奈良県奈良市 2014.10.14
街路樹に付いた繭の抜け殻。都会でもよく見かける。
ヒロヘリアオイラガの繭
繭(抜け殻) : 奈良県生駒市東生駒 2002.9.29