キシタバ

チョウ目 ヤガ科 シタバガ亜科

Catocala patala

前翅は褐色のまだら模様で、後翅は濃褐色と黄色に鮮やかに色分けられたシタバガ。○○キシタバと名の付く、近い種類がたくさんいるが、その中でも本種が一番大きい。
都市近郊の雑木林でも見られ、樹液によくやってくる。幼虫の食草は、フジ。
大阪府四條畷市下田原 2005.7.20
キシタバ
2000.8.
キシタバの幼虫。淡黄色で、細い縦筋線がたくさん入っている。フジの葉を食べる。
キシタバの幼虫
幼虫 : 大阪府四條畷市室池 2002.5.12