クロメンガタスズメ

チョウ目 スズメガ科 スズメガ亜科

Acherontia lachesis

前翅は、茶褐色、灰褐色、灰青色などが複雑に混ざり合ったまだら模様。後翅は、黄褐色地に太い黒条がある。胸部背面には怪しげな人面模様が浮かび上がっている。腹部背面には青色と黒色の縞がある。メンガタスズメに似るが、後翅の黒条がより発達することや、腹部の青色部の幅が広いことなどで見分けられる。
南方系の種類で、従来はおもに九州以南を分布域にしていたが、徐々に勢力を北に拡大し、本州の温暖地でもよく見られるようになっている。
幼虫は、ゴマ、ナス、トマト、タバコなどの葉を食べる。
クロメンガタスズメ
飼育羽化個体(奈良県奈良市産) 2016.5.5
クロメンガタスズメ
飼育羽化個体(奈良県奈良市産) 2016.5.5
背中には、不気味に笑う人面模様がある。
クロメンガタスズメ
飼育羽化個体(奈良県奈良市産) 2016.5.5
クロメンガタスズメの幼虫。大型の迫力のあるイモムシで、緑色、黄色、褐色など、色彩変異がある。尾角は細かな突起で覆われ、くるりと強く湾曲している。
終令幼虫の体長は、90mm前後。
ゴマ、ナス、トマト、ジャガイモ、タバコ、ノウセンカズラなど、農作物を中心にさまざまな植物の葉を食べる。
写真の個体は、よく見ると、寄生バエに産みつけられた小さな卵が体中に確認できる。
クロメンガタスズメの幼虫
奈良県奈良市 2015.10.9
クロメンガタスズメの幼虫
飼育個体(奈良県奈良市産) 2015.10.10
クロメンガタスズメの蛹。土に潜って蛹化する。蛹化直後は、淡黄緑色と赤褐色に塗り分けられているが、やがて黒褐色に変色する。
クロメンガタスズメの蛹
飼育個体(奈良県奈良市産) 2015.10.18
クロメンガタスズメの蛹
飼育個体(奈良県奈良市産) 2015.10.18
クロメンガタスズメの蛹
飼育個体(奈良県奈良市産) 2015.10.20