オオスカシバ

チョウ目 スズメガ科 ホウジャク亜科

Cephonodes hylas

うぐいす色の太い胴体を持ち、透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶスズメガの仲間。
昼間に活発に活動し、ホバリングしながら いろいろな花で吸蜜する。その形態から、ハチに間違われることも多い。花壇にもよく飛来し、都会の公園でも普通に見られる。
羽化した時は、翅に白い鱗粉がついているが、翅を震わせるとすぐ脱落してしまう。
幼虫は、クチナシの葉を食べる。
吸蜜 : 大阪府東大阪市枚岡 2004.10.13
吸蜜 : 奈良県生駒市東生駒 2005.10.16
吸蜜 : 奈良県生駒市東生駒 2005.10.16
産卵するメス。でも、樹種を間違っているような‥。
オオスカシバ
♀産卵 : 奈良県生駒市東生駒 2001.8.10
クチナシの葉にいたオオスカシバの幼虫。緑色のものが多いが、褐色のものもいる。
オオスカシバの幼虫
幼虫 : 1999.10.13