リンゴドクガ

林檎毒蛾
チョウ目 ドクガ科
Calliteara pseudabietis
yellow tussock moth
灰色で、前翅に黒色の横線がある。オスは、2本の横線の間が帯状に黒化する。メスは、全体が白っぽい。胴部や脚は毛で覆われている。
平地から山地まで、広く生息する。
幼虫は、クリ、クヌギ、コナラ、リンゴ、サクラ、ヤナギなどさまざまな広葉樹の葉を食べる。
ドクガ科に属するが、幼虫にも成虫にも毒はない。
年2化で、成虫は4〜8月に見られる。蛹で越冬する。
リンゴドクガのオス(白バック)
♂ : 飼育個体(奈良県生駒市産)
リンゴドクガのメス
♀ : 山梨県富士吉田市 2010.8.22
リンゴドクガのオス
♂ : 飼育個体(奈良県生駒市産)
リンゴドクガのオス
♂ : 飼育個体(奈良県生駒市産)
リンゴドクガのオス。櫛状の触角をもち、全身に短い毛がはえているので適度なモフモフ感がある。顔つきも愛らしく、ぬいぐるみにしたくなるような魅力にあふれる。
リンゴドクガのオスの正面顔
♂ : 飼育個体(奈良県生駒市産)
飛び立つ準備で体を温めるために、翅を震わせているところ。こんな時は、少し顔をあげるので、可愛らしさが際立つ。
飛び立つ前に翅を震わせるリンゴドクガのオス
♂ : 飼育個体(奈良県生駒市産)
リンゴドクガの幼虫。終令幼虫の体長は、40mm前後。やや緑色がかった淡黄色で、黒い縦条がある。全身に黄色〜黄白色の長い毛がはえている。第1・第2腹節および第2・第3腹節の背部境界に黒色部があり、腹端近くには赤い毛束をもつ。
クリ、クヌギ、コナラ、アベマキ、リンゴ、ナシ、サクラ、ヤナギ、カエデなど、さまざまな広葉樹の葉を食べる。
リンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 2015.10.17
リンゴドクガの中令幼虫。広食性だが、クリやコナラ、クヌギの葉裏で見つかることが多い。
リンゴドクガの中令幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.6.29
長い毛におおわれ、前から見るとどこか妖精のよう。
リンゴドクガの中令幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.6.29
リンゴドクガの中令幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.6.29
危険を察すると、盛んに身をよじる。
危険を察して身をよじるリンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201510.15
触ろうとすると、丸くなって背部の黒色部を見せつける。リンゴドクガは無毒だが、カレハガの幼虫などにはこの部分に毒毛をもつ種類がおり、それらの毒毛虫に擬態していると思われる。
背部の黒色部を見せるリンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201510.15
育つにつれて、白色、赤紫色、茶褐色などに毛の色が変化した飼育個体。
白っぽいリンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201510.25
赤紫色になったリンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201510.27
茶褐色になったリンゴドクガの幼虫
幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201510.30
老熟し、繭を作り始めたリンゴドクガの幼虫。自らの毛を抜いて繭の素材にしながら繭を作る。
繭を作るリンゴドクガの幼虫
繭を作る幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201511.6
完成したリンゴドクガの繭。蛹は、二重の楕円体に守られている
リンゴドクガの繭
繭 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201511.12
リンゴドクガの繭
繭 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 201511.12