ウスタビガ

チョウ目 ヤママユガ科

Rhodinia fugax

黄褐色〜橙褐色で波型の帯があり、4枚の翅に1つずつ半透明の紋を持つヤママユガの仲間。
成虫は晩秋に出現し、灯火によく飛来する。
幼虫は、クリ、クヌギ、コナラ、エノキ、サクラ、カエデなど、いろいろな樹木の葉を食べる。
ウスタビガ
♀ : 大阪府東大阪市 2011.11.17
ウスタビガ
♀ : 大阪府東大阪市 2011.11.17
♀ : 大阪府東大阪市 2011.11.17
ウスタビガの幼虫。
ウスタビガの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2014.6.9
この幼虫の背にある黒斑は、コマユバチ類など寄生蜂の幼虫の脱出跡と思われる。
ウスタビガの幼虫
幼虫 : 大阪府四條畷市下田原 2002.6.10
投稿写真から
※リンクをクリックすると、「むし探検広場」の該当ページが、新しいウインドウに表示されます。
 ウスタビガ from かいさん