ウマノオバチ

ハチ目 細腰亜目 コマユバチ科 コマユバチ亜科

Euurobracon yokahamae

黄褐色で、触角と後脚は黒褐色。翅は半透明の黄褐色で、黒紋がある。メスの産卵管はきわめて長く、体長の6倍以上に達する。
生息地は限られ、郊外のクリ林などの林内や林縁で見られる。
メスは、糸のような長い産卵管をぶらさげて飛び回り、幼虫の宿主であるシロスジカミキリなどの幼虫が潜む樹木を見つけると、産卵管を深く刺しこんで卵を産みつける。
ウマノオバチ
神奈川県横浜市 2013.5.19