シロスジカミキリ

甲虫目 カブトムシ亜目 カミキリムシ科 フトカミキリ亜科

Batocera lineolata

灰色の体に、黄白色の縦筋模様が入った大きなカミキリムシ。カミキリムシの中では国内最大種。
雑木林で見られ、クリ、クヌギ、シイ、ヤナギ、キリなどの樹皮をかじって食べる。樹液にもよくやって来る。どちらかというと夜行性だが、日中もよく活動する。
捕まえると、胸の部分を使ってギィギィと音をたてる。
幼虫は、樹木の材の中にすみ、激しく食べ荒らす。
兵庫県新温泉町湯 2003.8. 
シロスジカミキリ
兵庫県新温泉町湯 2001.8.3 
顔中を覆う巨大な複眼、ペンチのような大顎、鋭く尖った胸部の突起… なんとも個性的で宇宙人チックな顔つきをしている。
シロスジカミキリ
飼育個体(採集地:兵庫県新温泉町湯) : 2001.8.16