アオマツムシ

バッタ目 マツムシ科 マツムシ亜科

Trulialia hibinonis

葉っぱのような形をした、きれいな緑色のマツムシの仲間。
樹上にいて、オスは、フィリリリリリと、かん高くよく響く声で鳴く。
雑木林にもいるが、公園や庭木・街路樹に多く、大都市にもすんでいる。
もともと日本にはいなかった虫で、中国から入ってきて増えた帰化昆虫。
オスは、はねの模様が複雑になっている。
アオマツムシ
♂ : 奈良県生駒市東生駒 2006.9.6 
アオマツムシ
♀ : 1999.11.17
普段は樹上にいて、声は聞こえても姿を見かけることは少ないが、秋の終わり頃になると、樹木の幹の低いところにとまっているメスをよく見かける。
アオマツムシ
♀ : 1999.11.17