エンマコオロギ

バッタ目 コオロギ科 コオロギ亜科

Teleogryllus emma

焦げ茶色で、頭部に光沢のある大きなコオロギ。日本産のコオロギの仲間では最大。
原っぱや畑、道ばたなどに広く生息し、人家の周辺でもよく見られる。
写真はオス。翅に複雑な筋がついていることでメスと見わけられる。この翅をこすりあわせることによって、コロコロ リー と、大きな声で鳴く。
エンマコオロギ
♂ : 奈良県生駒市菜畑 2003.10.29 
こちらはメス。翅の筋模様は整然としている。また、おしりに長い産卵管を持つ。
オスといっしょに飼っていると、卵を生む前に、オスを襲って食べてしまうことがある。
エンマコオロギ
♀ : 奈良県生駒市東生駒 2001.10.31 
エンマコオロギの幼虫。成虫にくらべると黒っぽい。
エンマコオロギの幼虫
幼虫 : 1998.9