アブラゼミ

カメムシ目 頸吻亜目 セミ科 セミ亜科

Graptopsaltria nigrofuscata

茶色のまだら模様の翅を持ったおなじみのセミ。
真夏、いたるところに現れ、ジージーと油が煮えたぎるようにうるさく鳴く。
電信柱や人家の壁にとまって鳴くことも多い。
アブラゼミ
大阪府大東市 2011.8.10
アブラゼミ
東京都練馬区石神井公園 2007.8.25
アブラゼミ
東京都東村山市八国山緑地 2009.9.6
アブラゼミ
奈良県生駒市東生駒 2004.7.27
翅が茶色くて見つけにくいが、鳴き声のするあたりを一生懸命さがすと、次々と見つかる。
アブラゼミ
奈良県生駒市東生駒 1998.7.
アブラゼミ
奈良県生駒市東生駒 2004.7.27
桜の幹に長くとがった口をストローのように差しこんで、木の汁を吸っているところ。
アブラゼミ
奈良県生駒市東生駒 2004.7.27
アブラゼミの幼虫。幼虫期間は約6年。羽化は夜に行われる。
アブラゼミの幼虫
幼虫 : 東京都千代田区 2012.8.10
アブラゼミの脱け殻
抜け殻 : 大阪府四條畷市室池 2002.9.25