カメノコテントウ

甲虫目 カブトムシ亜目 テントウムシ科 テントウムシ亜科

Aiolocaria hexaspilota

赤と黒の特徴的なもようを持った大きなテントウムシ。光沢が強く、美しい。
成虫・幼虫とも、同じ甲虫の仲間であるクルミハムシやドロノキハムシの幼虫を食べる。秋が深まると、成虫は樹皮の下や岩のすきまなどに集まり、集団で冬を越す。
カメノコテントウ
東京都八王子市 2011.5.4
カメノコテントウ
大阪府東大阪市枚岡 2001.6.3 
カメノコテントウ
大阪府四條畷市室池 1999.6.13