コオニヤンマ

トンボ目 トンボ亜目 サナエトンボ科 コオニヤンマ亜科

Sieboldius albardae

黒色で、黄色の条紋があり、一見、オニヤンマに似た大型のサナエトンボの仲間。頭部が小さく、後脚が長い。
おもに平地や丘陵地の中流域で見られ、大きな湖の湖岸にも生息する。
枝などにぶらさがって静止するオニヤンマとは異なり、他のサナエトンボ同様、植物や石のうえにとまる。
コオニヤンマ
東京都八王子市 2012.8.12
コオニヤンマの幼虫。赤褐色〜黒褐色で、幅広く扁平な体型が特徴的。成虫と同様、後脚が長い。触角は扁平で丸い。終令幼虫の体長は、35mm前後。
おもに河川中流域に生息し、岸辺の植物の根際や落ち葉の下に潜む。
コオニヤンマの幼虫
幼虫 : 京都府木津川市 2015.6.25
コオニヤンマの幼虫
幼虫 : 京都府木津川市 2015.6.25
コオニヤンマの幼虫
幼虫 : 東京都日野市 2012.3.25