アゲハチョウ(ナミアゲハ)

チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ亜科

Papilio xuthus

もっともなじみ深いチョウのひとつ。都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。
あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが、はねのデザインはとても美しい。
幼虫は、ミカンやカラタチの葉を食べる。緑の少ない街なかでも、ミカンの鉢植えさえあれば、このチョウがどこからか飛んできて卵を産んでいく。
アゲハチョウ
大阪府大阪市西区新町 2004.4.29 
アゲハチョウ
吸蜜 : 1994.6.
吸蜜 : 奈良県生駒市菜畑 2005.4.17 
飛翔するアゲハチョウ。
アゲハチョウ
飛翔 : 奈良県大和郡山市大和民俗公園 2006.5.3 
アゲハチョウ
飛翔 : 奈良県大和郡山市大和民俗公園 2006.5.3 
アゲハチョウ
飛翔 : 奈良県大和郡山市大和民俗公園 2006.5.3 
ユズの葉に産みつけられたアゲハチョウの卵。
産卵後 間もないものは黄白色で、その後 黄色味が増し、孵化が近づくと幼虫の姿が透けて見えるため黒っぽくなる。(ただし、真っ黒になった卵はタマゴバチの仲間に寄生されている可能性が高い。)
アゲハチョウの卵
卵 : 奈良県生駒市東生駒 2002.6.8 
卵 : 奈良県生駒市東生駒 2004.7.27 
アゲハの4令幼虫。鳥の糞に擬態している。
アゲハチョウの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市東生駒 2002.6.8 
5令幼虫になると、一転してきれいな緑色に変身する。
アゲハチョウの幼虫
幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.11.6 
アゲハチョウの幼虫
幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.11.6 
アゲハチョウの幼虫
幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.11.6 
アゲハチョウの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市東生駒 2002.6.12 
蛹になるときは、食草を離れることが多い。家の塀で見つけた前蛹。
アゲハチョウの前蛹
前蛹 : 奈良県生駒市東生駒 2002.6.16 
蛹には褐色型と緑色型がある。蛹の色は、蛹化した場所によって決まる。
アゲハチョウの蛹
蛹 : 奈良県生駒市東生駒 2002.6.16 
羽化が近づき、翅の模様が透けて見えてきた蛹。
蛹 : 奈良県生駒市東生駒 2005.6.8 
蛹から羽化し、はねを伸ばしたばかりのアゲハチョウ。
アゲハチョウの蛹
羽化直後 : 奈良県生駒市東生駒 2006.4.30 
アゲハチョウの蛹
羽化直後 : 奈良県生駒市東生駒 2006.4.30 
アゲハチョウの蛹
奈良県生駒市東生駒 2006.4.30 
サイト内の関連ページ
※リンクをクリックすると、関連ページが新しいウインドウに表示されます。
アゲハチョウ アゲハチョウの羽化