アサギマダラ

チョウ目 タテハチョウ科 マダラチョウ亜科

Parantica sita

濃茶色地に青白い斑紋があるアゲハチョウよりも大きなチョウ。斑紋部分は半透明。胴体もまだら模様になっている。
本州・九州・四国で唯一見られるマダラチョウの仲間。あまりはばたかずにふわふわと優雅に飛ぶ。移動性が強く、マーキング調査では数百キロも離れた場所で発見されたりする。
初夏から発生するが、晩夏から秋にかけて見る機会が多くなる。
幼虫の食草は、キジョラン、イケマなど、ガガイモ科の植物。
アサギマダラ
吸蜜 : 長野県諏訪市霧ケ峰 2010.7.28 
アサギマダラ
吸蜜 : 長野県諏訪市霧ケ峰 2010.7.28 
アサギマダラ
吸蜜 : 大阪府四條畷市室池 2002.9.25 
アサギマダラ
吸蜜 : 大阪市西区靭公園 2005.11.8 
アサギマダラ
吸蜜 : 大阪市西区靭公園 2005.11.8 
アサギマダラ
吸蜜 : 東京都あきる野市小峰公園 2007.10.10 
アサギマダラ
飛翔 : 東京都あきる野市小峰公園 2007.10.10 
アサギマダラ
飛翔 : 東京都あきる野市小峰公園 2007.10.10