ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)

チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科

Lethe sicelis

雑木林の縁の草藪や林内で見られる薄茶色の地味なチョウ。はねの形はスマートで、裏面に目玉模様を持つ。クロヒカゲに似るが、色がうすく、少しぽってりした雰囲気。
人の気配に敏感で、草にとまっているのを見つけても、すぐ林の中に逃げ込んでしまうことが多い。樹液に来ているのもよく見かける。関西などでは普通種だが、東北や九州では分布が限られる。
幼虫の食草は、タケ、ササ類、ススキなど。
ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)
東京都東村山市 2011.8.31
ヒカゲチョウ
埼玉県さいたま市桜区 2009.6.17 
ヒカゲチョウ
大阪府四條畷市室池 2004.6.16 
ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)
長野県南牧村 2011.8.2