クモガタヒョウモン

チョウ目 タテハチョウ科 ドクチョウ亜科

Nephargynnis anadyomene

はねの裏面が緑がかった淡い黄橙色のヒョウモンチョウ。ヒョウモンチョウの中で裏面の模様がほとんどないのは本種のみ。
低山地の雑木林周辺で見られ、他のヒョウモンチョウより早く、5月中旬から出現する。アザミなどの花で吸蜜する。オスは地上で吸水することも多い。
暑さを避けて「夏眠」するので、真夏にはいったん姿を消し、秋に再び現れる。
幼虫の食草は、タチツボスミレなど。
クモガタヒョウモン
♀ : 山梨県甲州市 2012.6.6
クモガタヒョウモン
♂吸水 : 1979.6.