クロコノマチョウ

チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科

Melanitis phedima

はねの端が角張り、突起状になっている、こげ茶色の大きなチョウ。はねの裏面は枯葉に似ていて、とまると見つけにくい。
日中はうすぐらい雑木林の中にいてあまり飛ばず、夕方になると林内や林縁を活発に飛び回る。クヌギなどの樹液や、果実に集まる。
幼虫の食草は、ススキ、ジュズダマ、ヨシなど。
クロコノマチョウ
♀ : 東京都八王子市 2008.9.3
クロコノマチョウ
♂ : 埼玉県入間市 2012.9.16 
クロコノマチョウ
吸汁 : 奈良県桜井市 2001.11.23 
クロコノマチョウ
1999.9.13
クロコノマチョウ
東京都八王子市裏高尾 2008.5.7 
クロコノマチョウの幼虫。淡緑色で細長く、頭部は黒色。頭部には、細かな毛がはえた2本の突起がある。
ススキ、ジュズダマ、ヨシなどの葉を食べる。
クロコノマチョウの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.10.26
クロコノマチョウの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.10.26
クロコノマチョウの幼虫
幼虫 : 大阪府四條畷市 2002.7.31 
クロコノマチョウの蛹
蛹 : 大阪府四條畷市 2014.10.9