オオヒカゲ

チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科

Ninguta schrenckii

淡褐色で、後翅の眼状紋が目立つ、大型のジャノメチョウの仲間。
山地性で、湿地のある疎林で見られるが、分布は限定される。近年、特に生息地が減っている。
クヌギなどの樹液にやって来る。夕刻には林縁を飛ぶ。
幼虫の食草は、カヤツリグサ科のカサスゲ、テキリスゲなど。
オオヒカゲ
♂ : 三重県伊賀市 2014.6.16
♂ : 京都府木津川市 2014.6.17
♀ : 京都府木津川市 2014.6.17
オオヒカゲ
♂ : 吸汁(上はジャノメチョウ) : 長野県信濃追分 1977.8.