スミナガシ

チョウ目 タテハチョウ科 イチモンジチョウ亜科

Dichorragia nesimachus

青緑がかった灰黒色地に、白い小さな紋が散布された翅をもつタテハチョウ。“墨流し”という名のイメージどおり、いかにも和風っぽい色もよう。
雑木林の周辺で見られ、樹液によく飛来する。
スミナガシ
吸汁 : 大阪府四條畷市下田原 2006.6.14 
なぜかストロー状の口吻だけが真っ赤。樹液に来たり、路上で吸水しているところを見つけたら赤い口が観察できる。
スミナガシ
吸汁 : 大阪府四條畷市下田原 2006.6.14 
スミナガシ
吸汁 : 1994.8.
スミナガシ
吸水 : 1975.6.
スミナガシの幼虫。アワブキ、ミヤマハハソ、ヤマビワなどの葉を食べる。
若令〜中令のうちは、中脈を残した葉に、小さな葉片をたくさんぶらさげて身を隠す。
スミナガシの幼虫
3令幼虫 : 奈良県生駒市 2014.6.14
3令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.6.21
4令になると、頭部の角状突起が長くなる。
4令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.6.27
4令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.6.27
スミナガシの終令幼虫。頭部に、先が膨らんだ長い角状突起をもつ。脱皮後間もないうちは茶褐色だが、やがて緑色に変わる。
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
スミナガシの幼虫
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫は、濃淡2色の緑色に塗り分けられている。巻いた葉のように立体的に見えるため、体の輪郭が消え、鳥など天敵の目を逃れる効果があると思われる。
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
スミナガシの幼虫
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4
終令幼虫 : 大阪府東大阪市 2014.7.4